" />

堅実投資

【全員やるべき!!】積立NISAの魅力と楽天証券での積立NISAの口座開設方法を解説!

「積立NISAの始め方が知りたい」「積立NISA口座開設の方法を教えてほしい」という方から「そもそも積立NISAって何?」という方に向けて積立NISAとは何か、楽天証券での積立NISAの口座開設のやり方について解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ

  • 積立NISAとはどんなものか知りたい方
  • 積立NISAを始めたい方
  • 楽天証券で積立NISA口座を開設したい方

目次

そもそも積立NISAって何?

まずは、そもそも積立NISAとは何かについて解説していきます。
「そんなの知っているよ!」という方は読み飛ばしていただいて結構ですよ!

積立NISAとは、個人での資産形成として、小額からの長期・積立投資を国としてサポートする制度です。
毎年40万円(毎月3万3333円)を上限に、非課税で政府の基準を満たした信頼のおける投資信託を購入することができます。
投資初年度から最長で20年間の間に得た分配金・売却益が非課税となり、通常かかる20.315%を税金が一切かからないという神制度です。

まあ長々と話しましたが要するに、投資で得た利益に税金がかからないようにできるという制度です。

例えば100万円の利益が出るとすると以下の絵のような感じです。

この制度を使えば、将来何百万円という単位で得をできます。

仮に年利6%(安定的な投資信託で得られる利回り)で20年間、積立NISA を満額活用したケースをシミュレーションすると以下のようになります。

この結果で得られる利益だと通常、約1500万円×0.2315=約350万円が課税されますが、積立NISAならそれが一切かかりません。

つまり、350万円お得ということです

また、積立NISAのすごさはこんなものではありません。
というのも20年目に積み立てた40万円は1年間も運用できていませんから、運用益はさらに大きくなります。

つまり、40年間スパンで考えると40万円を6%で20年間運用した126万円が20回分ということになります。

それを計算すると、126万円×20=2520万円ということになります。

老後2000万円問題を余裕で解決する破壊力です(笑)

毎月3万3333円というと仮に毎日、コンビニでジュースやお菓子を買ったと仮定すると十分捻出

できるお金ですからやらない手はないですね。

積立NISAの始め方

積立NISAのすごさを知ったら、早速始めたくなったと思いますからここからは積立NISA口座の開設の仕方を解説していきます。

今回は、投資初心者から中上級者にまでおすすめな、楽天証での積立NISA口座開設方法を解説していきますよ。

口座開設の簡単3step

step1:楽天証券で口座を開設
step2:マイナンバーカードを用意する
step3:積立NISA口座開設のの申し込みをする

口座開設に必要なもの

  • スマホ
  • 本人確認書類
  • マイナンバーカード

各ステップについて解説していきます。

step1:楽天証券で口座を開設

まずは、証券口座の開設が必要です。

最もおすすめな楽天証券の口座を開設しましょう。

以下の記事で楽天証券の魅力と、口座開設の流れを解説していますのでこの記事に沿って口座を開設してきてください。

参考【初心者向け】楽天証券の口座開設の手順をわかりやすく解説

続きを見る

step2:マイナンバーカードを用意する

積立NISA口座の開設にはマイナンバーカードが必須となります。

マイナンバーカードをまだ作っていない方は下記のサイトで申し込みをして各自治体で作りましょう。スマホからでも申請できます。

https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse-smartphone/

step3:積立NISA口座開設の申し込みをする

楽天証券のホーム画面にログインして、積立NISA口座を申し込んでください。

受付完了のメールが登録中のメールアドレスに届いたら申し込みは完了です。

まとめ

今回は、積立NISAとは何か?と楽天証券での積立NISA口座の開設の仕方について解説してきました。

毎月3万3333円の積み立てで老後を豊かに遅れると思えば、誰もがやる価値がある制度だと思います。

資産運用を始めるならばまず第一に積立NISAの口座開設から入るのがベストの選択だと私は思いますよ!

資産運用の資金を作りたい人は私が過去に書いた節約に関する記事を是非読んでみてください。

参考一人暮らしで生活費を月10万円にする節約方法【月6万円で豊かに暮らす私が教えます】

続きを見る

-堅実投資