" />

節約

月の生活費が6万円の僕が教える最強の節約術5選 【浪費家でも苦しまずにできる方法教えます】

この記事はこんな人におすすめ

  • 一人暮らしでできる節約術が知りたい
  • 節約したいけど苦しそうだな
  • 浪費家だけどできるかな

読者の皆様への前置きメッセージ

一人暮らしをしていて、意外にも生活費がかかってお金に余裕がないと思っていませんか? 

ちょっとした節約や意識、習慣の改善でそんな悩みは解決できます。

月に2万円でも今より節約出来たら......

  • 年に一回海外旅行に行ける
  • 将来のための貯金ができる
  • ずっとほしかったものが買える

そんなことを思っている人に月の生活費6万円で幸せに暮らす私が生活の満足度を落とさずに生活費を抑える節約術を解説します。

目次

■節約を始める前にやっておくべきこと

節約をする前に必ずやっておいてほしいことがあります。

節約を始める前にやっておくべきことは以下の2つです

  • 自分の支出を把握する
  • 節約をすることによってしたいことを明確にする

一つずつ解説していきます。

自分の支出を把握する

節約生活を始める前に必ずやってほしいことがあります。

それは、自分が今何にどれくらいお金を使っているか支出を把握することです

自分が何にどれくらいお金を使っているか把握することで、「この月は無駄な買い物が多すぎたな」といった反省をしつつ支出の最適化を図りやすくなります。

参考までに一般的な一人暮らしの生活費の内訳記しておきます。

食費44,048
水道光熱費7,265
生活用品費3,682
被服費8,217
保健医療費4,580
交通費20,488
通信費6,717
娯楽費20,096
その他(理美容・交際費)23,774
合計138,867

(単位:円)
※出典/「統計調査 家計収支編 単身世帯(2019年)」(総務省統計局)

※表はあくまでも一般的な支出です。この記事を読み終えたころにはもっと支出を最適化できます。

自分の支出を把握するなら家計簿がおすすめです。家計簿というとレシートを保管したり、クレジットカードなどの支払い履歴をチェックしたり大変そうと思う方もいるかもしれませんが、

家計簿はスマホアプリ「マネーフォワード ME」でほとんど手間なしで家計簿をつけることができます。
「マネーフォワード ME」を使った超簡単な家計簿のつけ方は以下の記事をご覧ください。

こちらもCHECK

超おすすめの家計簿アプリ「マネーフォワード ME」がすごすぎる!【これを使えば小学生でも家計簿つけれます。】

続きを見る

節約することによってしたいことを明確にする

あなたは節約をして浮いたお金で何がしたいですか

年に一回海外旅行に行きたい
月に一回は少し贅沢な外食がしたい
将来セミリタイヤして自由な生活をしたい
 など

目標を明確にすることによって途中で挫折しにくくなります。

節約生活を続けていく上で自分の理想に近づいているということを意識していると、徐々に節約生活も楽しくなってきます。

皆さんもぜひ目標を立てて節約生活を送っていきましょう!!

筆者
ちなみに私の目標は生活費を下げることでセミリタイヤして人生を謳歌することです笑

 

■一人暮らしの最強節約術

さてここからいよいよ節約術を紹介していきます。

今回は5つの最強節約術を紹介します。この中から「自分に合っている!」と感じたものから試してみていってください。

固定費を最適化する

節約術で最も意識してほしいのが固定費です。
固定費とは家賃、水道光熱費、通信費、保険料、サブスクリプションサービスなどの毎月ほぼ同じ金額かかる費用の事です。

例えば今よりも家賃が1万円安いところに引っ越すことができれば年間12万円の節約になります。
めちゃくちゃ大きいですよね笑

固定費の最適化をするにあたって意識してほしい点は
金額の大きな所から優先して最適化いくということです。

まずは下記の事から取り組んでいくことをおすすめします

  • 携帯会社を格安シムに変え
  • 電力会社を乗り換える
  • 家賃の安いところに引っ越しする
  • 使っていないサブスクリプションサービスを解約する

これらは一度取り組んでしまえば何も意識しなくても結構な金額節約できます。
こまめに電気を消したり水を無駄遣いしないようにすることも節約にはなりますが生活に組み込むのは結構面倒くさいので続きにくいです。笑

携帯大を安くしたいなら以下の記事で楽天モバイルに乗り換えてみましょう!

楽天モバイルのオンライン申し込み手順を徹底解説【たったの4ステップで超簡単!】

続きを見る

行きたくない飲み会には参加しないようにする

行きたくない飲み会に付き合いで嫌々参加してはいませんか?
飲み会に行けば1回で大体5000円、月に2回行くと1万円もかかってしまいます。
しかもストレスが溜まって浪費に走りやすくなります

嫌なことをして時間とお金を棒に振るのはやめましょう。

そうは言っても人間関係を気にして飲み会を飲み会を断ることができない方もいると思います。
実をいうと私も先輩からの飲み会の誘いを断れませんでしたが、言い方に気を付けて丁寧に断れば責められることもありませんでした。
人は意外と他人に興味がないものです。気にしすぎずどんどん断っていきましょう。笑

※ただし自分が行きたい飲み会であれば行っても構いません。
 あくまでも生活の満足度を下げることなく節約することを心がけましょう

お金をかけずに楽しめる趣味を見つける

皆さんはなにか趣味はありますか
趣味があるのは良いことですが、ついつい熱中してお金を使いすぎてしまいがちです。
お金がかからない趣味を見つければ日々を楽しみつつ、金銭的にも余裕を持ちやすくなるので節約的な観点からすごくおすすめです。

とはいえお金がかからない趣味なんてあるの?と思う方もいると思いますのでお金のかからない趣味をいくつか紹介します。
お金のかからない趣味

  • 本を読む
  • 予算を決めて料理をする
  • サブスクリプションサービスで映画やドラマ、アニメなどを楽しむ
  • スポーツをする

こんなところがおすすめです。
例えば筆者は月額約500円の「dアニメストア」サブスクリプションサービスで平日は2時間、土日は4時間アニメを楽しんでいます。これを時間当たりの値段に換算すると約7円ほどです。
つまり一時間楽しむのにたったの7円しか払っていないということです。笑
映像作品が好きでずっと見ていられるという方は是非試してみることをお勧めします。

本を読むと知識が広がりますし、料理は生きる力に直結しますし、スポーツで体を動かせば健康な体を保てるなどいいことづくめです。
今やっている趣味がお金がかかりすぎる方やおすすめした趣味が自分に合いそうな人は是非試してみましょう!!

筆者
おかげでステイホームも充実しました笑
健康のために散歩やスポーツも始めてみたいと思います 金のかからない趣味サイコー!!

 

コンビニで余計なものを買う癖をなくす

コンビニでの無駄遣いは節約にとって大敵です

コンビニに立ち寄った時、新作スイーツやお菓子レジ横のホットスナックなどついつい余計なものを買ってしまっていませんか?

コンビニは24時間営業していてなんであって便利なので日常生活で行く機会が多いと思います。
ですが、コンビニの商品って大体スーパーなどに比べて高くないですか?
私は節約をすると決めた時からコンビニで買い物することをほぼやめました(買うとしてものどが渇いたときに2ℓの水を買うくらいです。)
いきなりコンビニを利用するのをやめることは難しいかもしれませんが、必要のないものを買うことは極力避けるように心がけましょう。

筆者
私も以前はコンビニによるたびにお菓子と甘いジュースを買っていましたw
それをやめただけで月に3000円ほど浮いて体調も良くなりました

 

食費を安くする

一人暮らしだと自炊をするのも手間でついつい外食ばかりになってしまいがちです。
やはり外食は高くつきますし今はコロナで店もあまりやっていません。


私は料理をするのが趣味なので自炊をするのがおすすめで。
でもそれがもし面倒であればスーパーの半額弁当を狙ってみるのも一つの手です。


半額弁当を狙うというとみっともないとか周りの目が気になるという方もいるかもしれませんが、全然そんなことありません。
私は学生時代スーパーで総菜や弁当に値引きシールを貼るアルバイトをしていましたが、お店側からすれば捨てなければいけない売れ残りを安く買ってくれてありがたいです。
それに毎日半額にする時間も大体同じなのでそれに合わせて買いに行けばいいので手間もかかりません。

それと食費を減らして健康も手に入れる方法として私が実践しているのは、1日1食の生活です。

いろんな研究で分かっていることですが現代の人々は食べすぎていて生活習慣病になりやすくなっ
ています。1日1食にすることで必然的に食べる量が減って健康になり、食費もかなり節約できます。
最近だとyoutubeで中田敦彦さんのチャンネルでも1日1食に関する書籍が紹介され中田さん本人も実践して効果を感じているそうです。

食費を劇的に安くしてさらに健康と不老まで手に入ってしまう「1日一食」についての記事は以下の記事です

こちらもCHECK

一日一食生活のメリットデメリット【実際に一日一食生活を一年続けてみた僕の感想もあります】

続きを見る

筆者

1日1食はお金もですが、時間も節約できるのでかなりおすすめです。

体調もすこぶる良いです

 

苦しくない節約方法

ここまで節約方法を紹介してきましたが、
苦しまずに節約する方法は100点を狙って無理して全部やらないことです

例えば家賃を下げようとしてもなかなかいい部屋を見つけるのは手間ですし、どうしてもお金のかかる趣味をやりたい人もいると思います。
ですが自分に取り組めるものから取り組んでいくだけで絶対に日々の生活費は節約できると思います。
まずは電気力会社の検討をすることあたりから始めるのがおすすめです。

電力会社は一度替えてしまえば効果が持続するので手間もないうえで生活の満足度も下がりません。
徐々にできる節約を増やしていって数年後に家計簿を見直してどれくらい節約できているかを見るのも面白いかもしれません。

浪費癖を撃退する方法

ここまでいろいろ書いてきましたがどうしても浪費癖が治らない人もいると思います。
私も以前は浪費家だったので気持ちはすごくわかります

浪費癖を撃退する方法は先取り貯金もしくは投資をすることです。

人間は手元にお金があると使ってしまいがちです。
収入が入ったら自動的に貯金用口座か、投資用口座に一定の額送金されるように設定しておいて残ったお金で生活をしましょう。


特に投資がおすすめです。お金は銀行に預けていてもあまりメリットはありません。
今はインデックスファンドなどで爆発的に勝つことはないけど歴史的にほぼ負けないことが証明されている投資商品などもネットで簡単に買うことができます。先取りで積立投資など始めてみてはいかがでしょうか
※ここで言う投資は20年お金を預けて運用してもらうなど時間を味方につける投資です。
 まずはどんなものか勉強してみて興味があれば始めることをお勧めします


まとめ

この記事では月の生活費6万円の僕がおすすめする最強節約術を紹介しました。


節約しつつ楽しんで生活ができれば人生の難易度はぐんと下がると思います。
3万円月給を上げるより3万円生活費を下げるほうがはるかに簡単です。


ひとつづつ自分にできそうなものから始めていって節約マスターになりましょう!!

-節約