" />

節約 貯金

貯金がない人の特徴って何だろう?【貯金するために何から始めれば良いかも教えます】

「貯金がないんだけど貯金のない人の特徴が知りたい。
貯金したいんだけど具体的にいくらくらい必要で何から始めればいいんだろう?」

この記事ではこういった悩みを解決します。

記事のテーマ

貯金がない人の特徴って何だろう?【貯金するために何から始めれば良いかも教えます】

この記事の信頼性

この記事を書いている私は.......

  • 2021年現在大卒1年目の23歳で純金融資産が300万円ほどあります。
  • 大学4年間でバイトの収入のみで150万円の貯金に成功(プラスで在学中に40万円の車を購入しました)
  • 大の節約家で社会人になった今は手取り20万円のうち14万円以上を貯金と投資に回しています。

読者の皆様への前置きメッセージ

この記事は「貯金がなかなかできない人、現在貯金がない人」に向けて書いています。

この記事を読めば「貯金がない人の特徴、貯金はいくらあれば良いのか、貯金がない人が貯金するために何から始めたら良いのか」を知ることができます。

貯金は人生において安心感の源になります。貯金があれば「お金さえあればあんなことにチャレンジできたのに」「貯金がなくて不安だからパートナーが結婚してくれない」といったことがなくなります。

私は貯金があるという安心感によって現在転職や副業などの新しいことに挑戦できています。
皆さんにも最低限貯金をしていろんなことに挑戦してほしいのでこの記事を執筆します。

それでは早速見ていきましょう

目次

貯金がない人の特徴

貯金ができない人の特徴はいろいろありますが、私が思うに以下の3つが大きいと思います。

  1. 自分が何にいくら使っているか把握していない(お金の管理ができていない)
  2. コンビニや通販などで自分の本当に必要のない(欲しくない)ものまで買っている
  3. 見栄を張るため(お金に余裕がないのに後輩におごる、欲しくもないブランド品を買う等)にお金を使っている。

この3つの特徴について詳しく書いていきます。

貯金がない人の特徴1: 自分が何にいくら使っているか把握していない

貯金がない人は基本的にみんな自分の支出を把握できていません。

逆に言えば支出を把握してしっかりと管理していけば....
「今月は飲み会に行き過ぎたな―」
「ランチにお金かけすぎだな」
など自分が貯金できない理由が分かって改善することができるので誰でも必ず貯金できます。

自分が何にいくら使っているのかを把握するなら家計簿をつけるのが一番です。

家計簿というと面倒くさいし続かないイメージかもしれませんが、家計簿アプリ「マネーフォワードME」を使えばだれでも楽して続けることができます。
家計簿アプリの使い方について詳しく知りたい人は下記の記事をご覧ください。

貯金がない人の特徴2:コンビニや通販などで自分の本当に必要のないものまで買っている

貯金がない人は日々本当に必要なものや自分の本当に欲しいものではないのになんとなくで買い物をしている人が非常に多いです。

皆さんも「コンビニに行ったら お茶を買うだけのつもりだったのに新作のスイーツが売っていたから買ってしまった」といった経験はあるのではないでしょうか?

もちろん「自分がものすごく欲しくて、本来生きていくのに必要はないが自分の幸せのため買う」こういった買い物なら良いと思いますが、

貯金がない人は大してほしくもないものをなんとなくで買うのはやめましょう!

貯金がない人の特徴3: 見栄を張るためにお金を使っている

貯金がない人で見栄を張るためにお金を使っている人は多いです。

具体的に.....
「貯金はないけどみんなに良く思われたいからこの飲み会の会計はおごろう」
「別に欲しくないけどみんな持ってるし周りからよく思われたいからブランドものを買おう」
貯金がないのにこういったことをしている人は絶対にやめたほうが良いです。

なぜなら見栄のためにお金を使って得られるものは非常に少ないからです

飲み会の代金をおごって得られる人間関係や、ブランド物をもっているから酔ってくる異性などはお金がないとわかったらすぐになくなってしまします。

ましてや貯金がないにも関わらずそんなことをしていたら一生貯金ができません。

見栄ではなく自分がしたいこと、欲しいものだけを吟味してお金を使っていきましょう。

貯金がない人は具体的にいくら貯めたらいいの?

貯金がない人はまずは貯金が生活費の6か月分の金額を目標に貯金しましょう。

なぜなら貯金が生活費の6か月分もあればもし病気で急に少しの間働けなくなったり、会社が倒産してしまったなど予期できないトラブルが起こった時にひとまず生活ができるからです。

投資の世界ではこれを生活防衛と呼びます

生活費月20万円の人なら240万円の貯金
生活費月10万円の人なら120万円の貯金といった感じです。

貯金がない人はまずは生活防衛費を貯めましょう!

貯金がない人は何から始めたら良いの?

貯金がない人、できない人はまずは給料の10分の1を天引きで先取り貯金することから始ましょう。

これは世界1有名なマネー本「バビロン大富豪の教え」に書かれているお金持ちになるための10箇条の一つ目で紹介されています。

具体的には現代でやるならば、給料日に自動で収入の10分の1を給料口座から定期預金口座に積立されるように設定しましょう。

人間は意志の弱い生き物です。自分で貯金の10分の1を毎月貯金口座に振り込もうとしてもなかなか続けるのが難しいです。

なので自動積立設定といった自分の意志に頼らないやり方で先取り貯金を実践しましょう。

また、中には「今まで給料が入ってきたらあるだけ全部使っていたのに先取りで貯金なんかしたら月末にお金が足りにくなるよ」という方もいるかもしれませんが

そんなことはありません
使えるお金が決まっていたらその範囲で生活できるように無意識のうちに必ず調整できます。

なので貯金がない人はまずは給料の10分の1の先取り貯金から始めましょう。

また、「バビロン大富豪の教え」にはお金持ちになるために必要な考え方が書いている名著なので、お金持ちになりたいと思う人は読んでおくとよいと思います。
最近は漫画版の読みやすいものが出ているのでおすすめです。

まとめ

「貯金がなかなかできない人、現在 貯金がない人」に向けて

  • 貯金がない人の特徴
  • 貯金は具体的にいくら必要なのか
  • 貯金がない人が貯金をするには何から始めたら良いのか

についてまとめてきました。

貯金があることがすべてとは言いませんが、貯金があれば心に余裕ができますし新しいことにもチャレンジしやすくなります。

貯金がない人は一歩ずつ貯金ができる人へと変化していきましょう。

ちなみに貯金するために節約が必要だと思った方には私が過去に書いた以下の記事がおすすめです。

-節約, 貯金