" />

節約

一人暮らしで生活費を月10万円にする節約方法【月6万円で豊かに暮らす私が教えます】

一人暮らしだけど意外とお金に余裕がない!一人暮らしの人ができる節約生活について教えてほしい。

この記事はこんな人に向けて執筆していきます

記事のテーマ

一人暮らしで生活費を月10万円にする節約方法【月6万円で豊かに暮らす私が教えます】

この記事はこんな人におすすめ

  • 一人暮らしで節約生活を意識してもいつも続かない人
  • 一人暮らしをしているけれどちっともお金がたまらない人
  • 現在一人暮らしで、結婚などに備えて今のうちにお金をためておきたい人
  • 独身でのFIREを目指している人

この記事の信頼性

私は現在、東京で一人暮らしをしており月6万円の生活費で暮らしています。
なんだかんだこの節約生活も慣れてきて全く苦にはなっておりません。

読者の皆様への前置きメッセージ

一人暮らしをしている人でも「なかなかお金がたまらない」「趣味に使えるお金がない」という人も多いのではないでしょうか。
かといって「給料は上がらないし、副業する気力もないよー」という人はまず節約から始めてみましょう!

今回紹介する節約方法をすべて実践できれば平均よりも月に6万円は節約できます。

月に3万円もお金に余裕ができれば.....

  • 一年に一回海外旅行に行ける
  • 毎月あなたの趣味に使えるお金が激増する
  • それを元手に投資信託などで年利4%資産運用すれば20年で2000万円以上の資産に!!

こんなことが可能です。
しかも、今回紹介する節約術は慣れれば案外苦にならず節約生活でストレスを抱えることもありません。

節約生活をマスターして豊かな人生に1歩近づきましょう。

目次

一人暮らしの人が超簡単に生活費を月10万円に節約する方法

さてここから早速一人暮らしの人が生活費を節約する方法を具体的に執筆していきます。

まずは一人暮らしの平均の支出額を見てみましょう。

家賃 6万円
食費 3万円
水道光熱費 1万円
通信費 1万円
娯楽費 1万円
交際費 1万円
その他雑費 3万円
合計 16万円

こんな感じです。
この表をもとに月10万円の生活費にしたのが次の表です。

家賃 4万円
食費 1万8千円
水道光熱費 9千円
通信費 3千円
娯楽費 1万円
交際費 5千円
雑費 1.5万円
合計 10万円

この表のような生活をすることはそれほど難しくありません。
では各項目でどのように節約すれば表のように10万円で生活できるのかを見ていきましょう。

尚、娯楽費を削っていないので削れる人は削ればよりお金はたまりますよ。
※ただし、娯楽費を削ると生きることが楽しくなくなってしまう恐れがあるのでやりすぎは注意です。

【家賃】4万円の場所に住む

家賃は節約をする上で切っても切れないものです。
家賃を節約出来れば毎月勝手に節約していくことができるので節約効果はかなり大きいです。

東京都内だと厳しいかもしれませんが郊外に行けば可能ですし、会社の社宅などがあれば利用しましょう。(私も社宅に住んでいます。)

家賃を安くするコツはまず自分の譲れない部分を挙げてそれ以外の項目は徹底的に妥協することです。
例えば「絶対に風呂トイレは別が良いけど築年数は古くてもいいや」という感じです。

正直「あれば良いなー」くらいの要素は必要ないのでそれほど苦になりませんからね。

ちなみに田舎だと4万円の家賃でも結構良い物件に住めます。むしろ家賃3万円でも普通の生活ができるのでさらに1万円節約できますよ!

【食費】外食やコンビニ飯を極力なくす

一人暮らしだと一人分の料理を作るのが面倒くさくて毎日外食や出来合いの物になりがちです。
外食や出来合いの物は値段が高いのでどうしても食費が跳ね上がってしまいます。

自炊であれば1日あたり600円程度、1か月で1万8千円という金額も十分達成可能です。
とはいえ「毎日自炊するのは面倒くさいし時間がないからできないよ」というのが大半の意見だと思います。

ですので週末に1週間分の食事を作り置きすることをお勧めします。

作り置きしておけば仕事から帰ってきて温めるだけだから楽ちんですよ。

また、私も実践している一日一食を試してみることもお勧めです。
一日一食なんて健康に悪そうだしお腹が空いて耐えられないと思うかもしれませんが、一日一食はかなり健康的ですし多くのメリットがあります。一日一食について詳しくまとめた記事が下記になります。

参考一日一食生活のメリットデメリット【実際に一日一食生活を一年続けてみた僕の感想もあります】

続きを見る

【水道光熱費】エネルギー会社を乗り換える

水道光熱費はいわゆる固定費と言われるものの代表格で生活をしていく上で必ずかかってくるお金になります。
だからこそ、ここを節約出来れば継続して効果が得られます。

かといってこまめに電気を消すとか、エアコンを我慢するといったことをしていてはストレスが溜まってしまいます。

そこで私がおすすめする節約方法はエネルギー会社を乗り換えるという方法です。

近年ではエネルギーの自由化によって民営の企業がエネルギー部門に参入してきたことで使用している電力会社を乗り換えるだけで今の生活を一切変えずに電気代を節約することができるようになりました、

電力会社を比較して乗り換えるだけで月に千円ほどの節約が可能です。月千円というとそれだけかと思う人もいるかもしれませんが、年間で1万2千円にもなりますし何より一度設定してしまえば何の苦痛もなく節約ができることを考えればやらない理由はありません。
しかも、ネットで1時間もあれば乗り換えることができますから手間もほとんどかかりません。

ポイント

電力会社の比較をするならエネチェンジを利用するのがおすすめです。
情報入力をするだけで今より安いプランを紹介してくれるので正直電力会社の比較ならこれ一択だと思います。今すぐに電気代を見直しましょう!!                      エネチェンジで電気代を見直す

また、10年以上前の冷蔵庫とエアコンを使用している人はこれを機に新しいものに買い替えてみても良

いかもしれません。
新しいものと古いものでは電気代にかなりの節約になりますからね。
参考までに私が調べたおすすめの一人暮らしに最適な冷蔵庫とエアコンのAmazonリンクを載せておきますので見てみて下さい。

【通信費】楽天モバイルに乗り換える

通信費というと一般的に携帯料金とWi-Fi料金が挙げられます。
大体の人は携帯料金5千円、Wi-Fi料金5千円で合わせて5千円といった感じです。

楽天モバイルの楽天アンリミテッドならば携帯料金を3千円に抑えることができる上に通信量も無制限に使うことができるためテザリング機能を利用すればWi-Fiも必要ありません。

また、使用する通信量が少なければ少ないほど料金が安くなっていくのでほとんど通信量を使わない人にもおすすめです。

つまり楽天アンリミテッドは、現状すべての人に最適なプランといっても過言ではありません。

想像してみてください、楽天アンリミテッドを使えば通信料を気にせず動画を見たりダウンロードをしたうえで月にたった3千円しか払わなくても良いのです。

使わない理由はありませんね(笑)

通信費は楽天アンリミテッドに変えるだけで節約はOKです。

楽天モバイルの申し込みはいつでもどこでもできてお得なキャンペーンもあるオンライン申し込みがおすすめです。
オンライン申し込みの手順は以下の記事で分かりやすく解説しているので参考にどうぞ。

楽天モバイルのオンライン申し込み手順を徹底解説【たったの4ステップで超簡単!】

続きを見る

【交際費】飲み会はなるべくいかない

飲み会に一回行くだけで最低5千円がかかってしまいますよね。
これを月に何度もやっていたら節約なんて一向にできません。

まずは会社の付き合いで行く飲み会は徹底的に断りましょう。

「飲み会を断ったら人間関係が......」と思うかもしれませんが明るく簡潔に笑顔で「すいません!いけないです!!」と言えば意外と人間関係も悪くなりませんし何よりあなたにとってのストレスが激減します

また、友達と飲み会はどうしても行きたいという人は自宅に招いて家飲みをすれば外で飲み会をするのに比べて半分以下の金額で済みます。

このようなことの繰り返しで交際費は月に5千円以内と決めて徹底しましょう

 【雑費】コンビニや自動販売機での買い物をなくそう

雑費に3万円というのはどう考えても使いすぎです!

コンビニや自動販売機でついつい飲み物やお菓子などを買ってしまうことが多いのではないでしょうか?

そういった方は水筒を持ち歩いて飲み物を外で買う機会をなくしましょう!

また、コンビニではなくスーパーで買い物することを心がければ相当なお金が浮きますよ。

洗剤やトイレットペーパーなどの生活に必要不可欠なもの以外にはなるべくお金を使わないようにしましょう。

コンタクトレンズを使用している人はデートの時以外は眼鏡にするなどにしてもいいかもしれません。

雑費はできれば1万円以内、最低でも1.5万円程度に抑えましょう!!

また、雑費を抑えるならまずは何にいくら使っているのか現状を把握するのが必須です。
現状の支出を把握するために家計簿をつけましょう!!
超簡単な家計簿のつけ方は以下の記事で解説しています。

こちらもCHECK

超おすすめの家計簿アプリ「マネーフォワード ME」がすごすぎる!【これを使えば小学生でも家計簿つけれます。】

続きを見る

まとめ

今回は一人暮らしの生活費の節約方法について執筆してきました。

今回紹介してきた内容を実践していけば平均の支出に比べて月々6万円の節約ができます。

想像してみてください月6万円も節約に成功した自分の姿を.....
「二年間続けて100万円の車を買おう」
「将来の結婚資金にしよう」
「ロレックスの時計が買えるなあ」
夢が膨らみますね

もちろんお金がすべてとは言いませんが人間はお金に余裕があると心にも余裕ができます。
今よりも生活費を下げて人生を豊かにしましょう!!

-節約