" />

FIRE 堅実投資 投資

投資信託を高い時に買ってしまうのは気にしなくていいという話【結論:定額積立投資をしよう】

「投資信託を高い時に買ってしまったけど、打ったほうが良いのかな」
「投資信託を買い始めたいけど高い時に買ってしまいそうで怖いな」

こんな悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?

結論から得申し上げますと、気にしなくて大丈夫です。

この記事では投資信託の買い時について解説していきます。

投資初心者の方は損したくないという思いから、高値掴みをしまいと機会損失をしてしまったり、高い時に買ってしまい不安になってしまうことが多々あります。

そんな悩みを解決できるような記事を書いていきますので是非読んでいってください。

この記事はこんな人におすすめ

  • 投資信託を高い時に買ってしまって不安な人
  • まだ資産運用に慣れていなくて、買い時や売り時についてわからない人
  • これから投資信託を買い始めるけど、高値掴みが不安な人

証券口座を開設していない方へ

目次

投資信託を高い時に買ってしまうことを気にしなくていい理由3つ

投資信託を高い時に買ってしまうことを気にしてしまって、なかなか始めることができない人がいますが非常にもったいないです。

繰り返しになりますが、投資信託を高い時に買ってしまうことは気にしなくて大丈夫です。

その理由は以下の三つです。

  • 値段の上下を予想するのは初心者には無理ゲーだから
  • 長期投資を前提とするならほぼ確実に上がるから
  • 定額積立投資をすれば関係ないから(ドルコスト平均法)

ひとつづつ詳しく解説していきます。

値段の上下を予想するのは初心者には無理ゲーだから

一つ目の理由は値段の上下を予想するのは初心者には無理ゲーだからです。

というか、初心者じゃなくてもめちゃくちゃ難しいです。

高い時に買ってしまうのを気にして、買えずにいると機会損失につながるパターンがほとんどなので、気にしなくて良いです。

運用会社フィデリティの調査では2003年から2013年の10年間で成績が良かった人の属性は以下のようになりました。

1位:亡くなっている人
2位:運用するのを忘れている人

この結果から見ても初心者が株価の上下を気にするのはコスパが悪いことが分かりますよね。

長期投資を前提とするならほぼ確実に上がるから

2つ目の理由は長期投資を前提とするならほぼ確実に上がるからです。

私は基本的に、20年単位での長期投資を推奨しています。

20年スパンで見てみると優良な投資信託ならばどんな高値掴みをしてしまっても過去の実績から言えばほぼ確実に上がります。

以下の画像は王道の米国株指数のS&P500の過去30年の成績です。

このグラフを見ると右肩上がりで推移している事が分かります。

つまり今高い時に買ってしまったとしても長期スパンで見たときは大した差ではないということが言えるのです。

定額積立投資をすれば関係ないから

高い時に買うことを気にするくらいなら、積立投資をすればいいでしょう。

毎月定額で積み立てていけば、高い時には少量、安い時に大量の口数を購入することができます。
(このような投資手法をドルコスト平均法と言います)

このグラフの例で言うと、毎月1万円の投資で5.2口ほど購入でき、平均購入単価は9600円となります。
一括5万円投資で高値掴みをしてしまった購入単価は12000円で4.16口の購入となるため、ドルコスト平均法によって高い時に買うことを避けられることが分かります。

この方法だと安い時にまとめて買って、その分儲けるということはできませんが、プロの投資家でも株価の上下を予測することが難しいことを考えれば、失敗しない投資法として初心者にもってこいですね。

このドルコスト平均法を使って、高い時に買うことを心配するのはやめてなるべく早く投資を始めましょう!

高い時に買ってしまった人はどうすればいい?

結論から言うと高い時に買ってしまった人も、売ることなんて考えず利益が出るまで気長に待ちましょう。

そしてこの先に購入する分は積立で購入する湯にすれば大丈夫です。

優良な投資信託であれば長期投資ならば、ほぼ確実に株価は上がってくれます。

また、長期で投資する機関の目安としては、気長に20年ほどだと考えておいてください。
下のグラフはS&P500と日経TOPIXの過去の推移です。

このグラフを見ると20年という単位での長期投資を前提とするなら、優良な投資信託(S&P500)に投資するならば、数々の不況の時の高値掴みをしても大丈夫なことが分かりますね。

気が遠くなるような話かもしれませんが、淡々と積立設定をして待つことで、老後の資金問題を解決できるとしたら続けることができると考えればがんばれそうじゃないでしょうか?

まとめ

今回は、投資信託を高い時に買ってしまった人高い時に買ってしまうのが不安で始めれていない人向けて、投資信託を高い時に買ってしまうことを気にしなくていい理由について解説してきました。

優良な投資信託を買っていれば、高い時に買ってしまうことなんて気にしなくて良いということと、定額積立投資でドルコスト平均法を利用すれば平均点以上の結果が出せることが分かったと思います。

定額積立で株価を気にしずに、淡々と積立投資をして老後資金問題を解決したり、FIREを目指すなどの目標を達成しましょう!

※また、積立投資をするなら証券口座と積立NISA口座を開設する必要があります。
 まだ解説していない人は以下の記事で解説してきましょう!

楽天証券口座の開設はこちらの記事【初心者向け】楽天証券の口座開設の手順をわかりやすく解説

続きを見る

積立NISA口座の開設はこちらの記事【全員やるべき!!】積立NISAの魅力と楽天証券での積立NISAの口座開設方法を解説!

続きを見る

-FIRE, 堅実投資, 投資