" />

Defi

【初心者向け】DeFiの始め方と稼ぎ方を徹底解説【パンケーキスワップ】

・知識ゼロの初心者でも分かりやすくDeFIの始め方を知りたい
・パンケーキスワップを始めたいけどやり方が分からない
・仮想通貨を運用して稼ぎたい

この記事ではこんな悩みを解決していきます。

私は昨年からパンケーキスワップでDeFiを始めました。
始めてから現在まで年利30%を切ることなく運用を続けています。

この記事を読み終わるころにはPanCakeSwap(パンケーキスワップ)でのDeFiの始め方が分かってすぐに運用をスタートできるような記事を執筆してく予定です。

ネット上に出回っている始め方は専門用語ばかりで難しいのでこの記事ではできる限り専門用語を省いて解説していきますので結構有益だと思います。

目次

そもそもDeFiって何?どうやって稼ぐの?

DeFiの始め方を知る前にまずはそもそもDeFiどういったものかについて解説していきます。
「そんなの知っているよ」という方は読み飛ばしてもらって大丈夫です。

Defi(分散金融)とは「Decentralized Finance」の略称で、分散型の金融サービス等のアプリケーションの事を指します。

これだけ聞いても何のことだかさっぱりだと思います。(実際に私もそうでした笑)

簡単に言うと中央管理者がいない金融サービスで個人で銀行の役割ができるサービスです。

技術だけで言えばこれから先、銀行を淘汰するほどの技術です。
イメージは以下のような感じ。

  • 銀行:中央管理者である銀行が全資産を管理
  • DeFi:中央管理者がおらずブロックチェーン上で管理

また、DeFiを利用した稼ぎ方は以下の二つです。

  • DeFi銘柄に投資して稼ぐ
  • DeFiサービスで仮想通貨を運用して稼ぐ

詳しくは以下の記事でDeFiについての事から稼ぎ方まで解説しているのでそちらで基礎知識を学んでいただければ幸いです。

仮想通貨を運用して稼ぐ?DeFi運用とは何か?どれくらい稼ぐことができるのかを徹底解説

続きを見る

また、おすすめのDeFi関連銘柄については以下の記事でまとめています。

『DeFi』関連仮想通貨銘柄おすすめ10選【2022年度最新版】

続きを見る

パンケーキスワップでDeFiを始める前の事前準備

今回はパンケーキスワップでのDeFiの始め方を紹介していきますが、その前に事前準備をする必要があります。

まずは以下の口座を開設してください。

口座開設が完了したら以下の5つの手順で事前準備を行ってください。

これで事前準備は完了です。
いよいよ次からはパンケーキスワップのやり方について本格的に解説していきます。

DeFiの始め方【パンケーキスワップ】

私はマナブさんのこの動画を参考にDeFiを始めました。
DeFiについて超わかりやすく解説してくれているのでかなり参考になります。

この記事は動画プラスαという感覚で読み進めていってください。

DeFiの始め方は以下の4つのステップで意外と簡単です。

  • 手順①:PanCakeSwap(パンケーキスワップ)のとメタマスクを接続
  • 手順②:ファームで好きなトークンを選んでステーキング
  • 手順③:用意した通貨のペアで流動性を提供
  • 手順④:ファームでLPトークンを預けて金利を得る

手順①:pancakeswapにアクセスして、メタマスクと接続する

手順①の事前準備を済ませたら、まずpancakeswapにアクセスするのですが、ここで一つ超重要な注意点を言います。

pancakeswapにアクセスするときは、絶対にGoogle検索からアクセスしないでください。

pancakeswapには偽サイトも多く、気づかずうっかりアクセスして手順を進めてしまうと、資金を失ってしまいます。
pancakeswapにアクセスするときは以下のリンクからアクセスし 、今のうちにブックマークでもつけておきましょう。

https://pancakeswap.finance/

pancakeswapのホーム画面が開けたら、言語を日本語に設定しましょう。

言語が日本語になって見やすくなったところで、「ウォレットに接続」からメタマスクを選択します。

パスワードを入れたら、メタマスクとの接続が完了です。

今の状態を簡単に言うと、pancakeswapに自分の財布を持ってきた状態ですね。
次のステップからはいよいよ、本格的にDefiを始めていきますよ。

手順②:ファームで好きなトークンをステーキングする。

自分が流動性を提供したい通貨とペアにする必要があります。選択するペアによって、リスクとリターンが決まってくるので慎重に選びましょう。

ホームの「得る」→「農場」を選択すると、ペアのリストが見れます。

今回はBNBを使ったペアを選択するので、BNBとペアになっているものの中で利回りや通貨の安全性などを判断してペアを選択しましょう。
BNBとBUSDのペア当たりはリスクもある程度抑えつつ、リターンも年利30%を超えているのでお勧めです。

※ただ、リターンの良いものにはその分リスクも高いことを頭に入れておいてください。
 いずれにしても自分でしっかりと調べてリスクリターンを踏まえたうえで選びましょう!

通貨のペアを選んだら、選んだペアで通貨を半々にする必要があります。
「トレード」の「交換」をクリックして下さい。

すると、下のような画面が現れるので、先ほど選んだペアの通貨を選択していきます。
(今回の例では、BNBとBUSDのペアで流動性を追加します。)

ペアが選択出来たら、BNBの保有額に合わせて流動瀬を追加する分の通貨を半分づつに分けます。

※この際に気を付けてほしいのは、取引手数料分のBNBを残してくことです。
 細々とした手数料を払うために小額(1000円分くらい)のBNBを変換分にカウントせずに残しておきましょう。

下の画面のような手順で手数料分を残して、通貨をスワップしてペアで半々づつに分けます。
例えば、手数料分を残して流動性を追加する額が4BNBなら2BNBをBUSDに交換するということですね。
入力が完了したら「金額を入力してください」という青いボタンをクリックしてください。

手数料と交換する金額を確認したら、「スワップの確認」をクリックしてください。

すると、メタマスクの承認画面が現れるので、確認という所をクリックしたら通貨の交換が完了です。
これで準備万端となったのであと1歩ですよ!

手順③:用意した通貨のペアで流動性を提供する

先ほどの画面の続きから、画面上の方にある赤枠の「流動性」という所をクリックしてください。

すると以下のような画面が現れるので、先ほどの通貨のペアの通貨と金額を入力したら確認して流動性を追加してください。
これで流動性の提供はできました。

手順④:農場(ファーム)でLPトークンを預けて、金利を得る

ここまでの手順でLPトークンが獲得できたので、「農場(ファーム)」画面で自分が流動性を提供したペアをクリックしてください。
すると、下記のような画面が現れるので、「有効」ボタンでファームを有効にしてください。
(この際、メタマスク上の確認画面が出てきて、手数料の確認ができます。)

有効にしたら、あとは金額を決めてステークすれば金利の分のBUSDが発生します。
発生したBUSDを収穫ボタンで獲得してください。

これでDefiを使って金利を獲得できましたね!
どうでしょう?手順通りにやれば意外と簡単ではないでしょうか?

Defiは今始めれば手間の割にリターンがとてつもなくコスパの良い投資法だと思います。

リスクもかなりあるのでまずは余裕資金だけでやることをお勧めします。

まとめ

今回は「Defiって何?」という所から、初心者が、pancakeswapでのDeFiの始め方について解説してきました。。

Defiは、人類にとって近年まれにみる画期的な金融システムだと私は確信しています。
今のうちに始められれば大きく稼げるチャンスもありますし、この先Defiが浸透していけばさらに資産を増やせる可能性も秘めています。

しかし、新しいシステムが故に騙されたり、誤って資産をロスとしてしまう可能性がありますから、初心者の方はこの記事の通りに進めていただければと思います。

まだ仮想通貨すら持っていないよという方はコインチェックで口座開設をして、仮想通貨を購入してみましょう。

-Defi