" />

Defi 仮想通貨

仮想通貨を運用して稼ぐ?DeFi運用とは何か?どれくらい稼ぐことができるのかを徹底解説

・仮想通貨を運用して稼ぐことができるって聞いたけど本当?
・DeFiって聞いたことがあるけど、どんなものでどれくらい稼げるの?
・仮想通貨をガチホしながら稼ぎたい

この記事ではこんなことを思っている人の悩みを解決していきます。

ここで解説する『DeFi』というものを正しく理解することができれば、仮想通貨をうまく運用して稼いでいくことができます。

実際に私は現在『DeFi』を利用して一部保有資産を年利38%ほどで運用できています。

この記事を読み終わったころには、皆さんも『DeFiを使ってどれくらい稼ぐことができるのか?』『DeFiを使った仮想通貨運用のやり方』について知ることができて実際にDeFiを使って仮想通貨を運用できるようになるので是非最後まで読んでください。

DeFIを使って稼ぐには仮想通貨を保有する必要があります

そして仮想通貨を購入するなら「コインチェック」が最もおすすめです。

コインチェックは

  • 取り扱い通貨数が日本一
  • 取引手数料が販売所、取引所ともに無料
  • スマホアプリが超使いやすくて初心者にぴったり

と初心者におすすめできる理由がたくさんあります。

仮想通貨を始めるならまずはコインチェックの口座を解説しておきましょう!

コインチェック

総合力No.1のコインチェック

コインチェックで仮想通貨を買ってみる

おすすめの国内取引所ランキングを知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

初心者におすすめ!仮想通貨取引所比較ランキング9社

目次

仮想通貨を運用する前にDeFiってそもそも何?

DeFiを使って稼ぐ方法を知る前に、そもそもDeFiがどういうものか把握しておきましょう。

DeFiとは「Decentralized Finance(分散金融)」の略で、分散型の金融サービスの事を表しています。

この説明ではわかりずらいと思いますから、図などを使ってもう少しかみ砕いて説明していきます。

まず、皆さんもご存じの中央集権型の金融サービス「銀行」を例に比べてみましょう。

皆さんは「銀行」にお金を預けて、「銀行」はそのお金を安全に管理しつつ運用することで、皆さんからその対価として手数料を受け取っています。

図にすると以下のような感じです。

しかし、銀行のような中央集権型のような金融サービスには以下のよう問題があります。

  • 手数料が高い
  • 入出金にかなりの手間と時間がかかる
  • 金利が低い
  • 大本のセキュリティにすべての負担がのしかかる

このような問題を解決してくれる革新的技術が、分散型金融サービス『DeFi』なのです。

DeFiはブロックチェーン技術を利用することにより、管理者を必要としないため取引の手数料が安く、入出金が容易で金利も高いサービスを実現してくれます。

いうなれば管理者がおらず、サービスの利用者一人一人が銀行の役割を果たすことが出来るのです。

図に表すと以下のような感じです。

ブロックチェーン技術によって、中央集権型のように間に金融機関を挟むことなく個人間で安全かつスピーディに通貨のやり取りが可能なのです。

また、発生する手数料は金融機関に持っていかれることなく、通貨を預けている全員に独自の仮想通貨として還元されるのです。

そのうえ、取引履歴がブロックチェーン上で共有されることで安全性が担保されています。

以上がDeFi(分散型金融)の説明です。

この章の内容をまとめると以下のとおりです。

  • 『DeFi』は「銀行」のような中央集権型金融サービスと対になる分散型金融サービスである
  • 「銀行」のような中央集権型の金融サービスには手数料や入出金などいくつかの問題がある
  • 『DeFi』はブロックチェーン技術によって中央集権型金融サービスの問題点を解決する革新的技術である。
  • 『DeFi』はブロックチェーン技術により、間に金融機関を挟まずに通貨のやり取りを行えるため、メリットが多数ある。

DeFiの稼ぎ方は大きく分けて二つ

DeFiを使った稼ぎ方には大きく分けて二つあります。

  • DeFi関連の仮想通貨銘柄に投資して稼ぐ
  • DeFiサービスに仮想通貨を預けて運用する

ひとつづつ解説していきます。

DeFi関連の仮想通貨銘柄に投資して稼ぐ

DeFiを使った一つ目の稼ぎ方は関連の銘柄に投資して稼ぐという方法です。

DeFiでは基盤になっているイーサリアムを含むサービス上で配布している独自の通貨はすべて取引所で売買できます。
また、DeFiに関連する技術を基盤とした通貨も数多く開発されています。

DeFiという技術の期待値や将来性から近年、DeFi関連銘柄で価格が暴騰するものも増えています。

それらの銘柄に投資して売買益を稼ぐのが一つ目の方法になります。

過去にはCAKEという銘柄が6300%というとてつもない高騰を見せた例もあるので夢があります。

とはいってもどの通貨を買ったらよいのかわからない方も多いと思いますから、参考までに国内取引所コインチェックでも買えるおすすめのDeFi関連銘柄を紹介しておきます。

コインチェックで買えるおすすめDeFi関連銘柄

  • イーサリアム(ETH)
  • アイオーエスティー(IOST)

DeFiサービスに仮想通貨を預けて運用する

二つ目の方法がDeFiサービスに仮想通貨を預けることによって、仮想通貨を運用して金利収入を得るという方法です。

DeFiサービスの中にあるプールという所に仮想通貨を預けて流動性を提供し、その対価としてLPトークンを受け取ります。

そして受け取ったトークンをファームに預けることで、サービスの独自通貨を配当として受取ことが出来ます。

図にすると次のような感じです。

また、このプールの仕組みができたことによりDeFiの注目度が上がり、価格の高騰が起きたという過去もあります。

「資金を預ける→トークンを受け取る→トークン価格が高騰」という流れです。

当然配当で受け取る通貨の価格が上がれば値上がり益も得ることが出来ます。

この方法を使えば、近いうちに売買する予定のない通貨なども運用によって金利収入を得る為に生かすことが出来ます。

手間が少なく放置しているだけで配当がもらえるというのは魅力的ですね。

DeFi運用によってどれくらい稼げるの?

「DeFiについてはなんとなくわかったけど具体的にどれくらい稼げるの?」という疑問があると思いますから、それについて解説していきます。

結論から言うと、DeFi運用では年利だと低リスクで10~20%、中リスクで20~50%、大リスクで50~100%以上の利回りを得ることが出来ます。

投資に関心のある方ならわかると思いますが、こんなの投資詐欺レベルの利回りですよね(笑)

このリターンがどれくらいすごいのか表すと、

  • 日本の銀行の利率は0.001%
  • アメリカのトップ500社の株価指数S&P500の年平均リターンは7%
  • 世界一の投資家:ウォーレン・バフェットの生涯の平均成績は20%

であることを考えれば一目瞭然です。

まだ信じられないという人もいるかもしれませんので、DeFiサービスの一つ「PanCakeSwpancakeswap」の画面を証拠として載せておきます。

赤枠の部分が利回りです。

DeFiは一度ブームが来たといってもまだまだ浸透していないブルーオーシャンなので今のうちにしっかりと勉強して運用することが出来ればかなり稼ぐことが出来ますよ!

DeFi運用の始め方

さて、ここまで解説してきて「早くDeFiを始めたい」と思っている人も多いと思いますから、DeFiの運用の始め方について簡単に説明していきます。

DeFi運用を始めるためのステップは以下の4つです。

①国内取引所口座を開き、イーサリアムを購入する。
②自分のイーサリアムウォレット(メタマスクなど)を作って購入したイーサリアムを送金する。
③イーサリアムウォレットとDeFiサービスを紐づける
④DeFiサービス内にて、自分の資金を貸し付ける

【初心者向け】DeFiの始め方と稼ぎ方を徹底解説【パンケーキスワップ】」で詳しく解説していますから、参考にしてみてください。

また、国内取引所のおすすめランキングは以下の通りです。


順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位
取引所 bitbankの評判は?ビットバンクトレード、アプリや手数料など使い方を徹底解説! | 仮想通貨ポータル 株式会社Liquidのプレスリリース|PR TIMES
取引手数料

花丸(はなまる)のイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト

無料

販売所:無料

取引所:0.01%~0.15%

販売所:無料

取引所:0.01%~0.05%

花丸(はなまる)のイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト

無料

花丸(はなまる)のイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト

無料

販売所:0.02%

取引所:0.12%

販売所:0.0001BTC

取引所:無料~0.1%

販売所:0.02~0.12%

取引所:0.0001BTC

販売所:0.0001BTC

取引所:×

通貨数

花丸(はなまる)のイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト

17種類

14種類

花丸(はなまる)のイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト

16種類

12種類

13種類

13種類

5種類

7種類

6種類

総合評価
特徴

総合力No1!

アプリが超使いやすくて初心者にもおすすめ

ビットコインを買うのにおすすめ!

アプリから現物取引ができる。

総合的に見てかなりおすすめ!

コストの安さが魅力!

現物取引できる通貨が多い

コストの安さが魅力!

レバレッジ取引に強い

仮想通貨取引量が国内No.1!

セキュリティが高い

いろんな通貨ペアに対応

旧TAOTAO

SBIグループに紐づいたサービスに期待

LINEと紐づいたサービス
公式サイト 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

DeFiに関するリスクとデメリット

DeFIに関するリスクとデメリットは以下の通りです。

DeFiに関するリスクとデメリット

  • スマートコントラクトのバグ
  • ステーブルコインの規制リスク
  • メタマスクのパスフレーズの消失
  • DeFiのフロントエンドのハッキングリスク
  • DeFiのコンポーザビリティのリスク

たいていの人はこれを見ても「何それ?」という感じだと思います。

こういったリスクを知らない状態でDeFiに大金を突っ込むとかなり危険なので、まずは1万円くらいの小額からDeFi運用を開始しましょう。

まとめ

仮想通貨を運用して稼ぐ『DeFi』とは何か?どれくらい稼ぐことが出来るのかを開設してきました。

DeFiは今後さらなる発展が予想されている金融アプリケーションなので今のうちに勉強していきましょう!

この記事のまとめ

  • DeFiとは分散型金融のサービスの事である
  • DeFiでの稼ぎ方は「DeFi銘柄への投資」かDeFiサービスを使って仮想通貨を運用する方法がある
  • DeFi運用では10%~200%とい超高利回りを得ることが出来る。
  • DeFiの始め方はたった4つのステップで簡単にできる
  • DeFiにはリスクとデメリットがあるため、まずは小額から運用を始めるのがおすすめ。

DeFiは基本的に、イーサリアムを使って行うことになるのでまずは是非コインチェックにてイーサリアムを購入してみてください!

またDeFiを本格的に始めてみたい方は下記の記事を参考にDeFiを始めてみましょう!

こちらもCHECK

【初心者向け】DeFiの始め方と稼ぎ方を徹底解説【パンケーキスワップ】

続きを見る

-Defi, 仮想通貨