" />

Defi 仮想通貨

【図解】メタマスクの登録から使い方までを徹底解説!【知識ゼロでも余裕です】

メタマスクの登録方法と使い方が知りたいな......
とはいえ知識ゼロだし、画像とかを使ってわかりやすく解説してほしい。

この記事はこんな悩みを解決していきます。

この記事を読み終わるころには、メタマスクの登録を終えて使い方も理解できるようになるでしょう。

それでは早速解説していきます。

目次

メタマスクの登録方法

メタマスクの登録方法は大きく分けて以下の3ステップです

  • step1:メタマスクをダウンロード
  • step2:専用のパスワードを設定
  • step3:シードフーズを設定

ひとつずつ解説していきます。

step1:メタマスクをダウンロード

まずはメタマスクにアクセスします。
https://metamask.io

ここで注意してほしいのは仮想通貨関連のサービスには偽サイトが多く、大変危険です。
上記のURLは安全なリンクなのでそちらからアクセスしましょう。

続いてインストールするデバイスを選んで「Chorm用のMetamaskをインストール」をクリックします。

そしてchromeに追加をクリック。

最後に「拡張機能を追加」をクリック すれば、ダウンロードは完了です。
普通のchrome機能とほとんど変わりませんね。

ちなみ下の画像のようにメタマスクをピン止めしておけば画面右上からすぐにアクセスできます。

step2:専用のパスワードを設定する

次に専用をパスワード設定をしていきます。
先ほどの画面の続きで「開始」をクリック。

「ウォレットを作成」をクリック。

「同意します」をクリック

自分で決めたパスワードを入力してチェックボックスにチェックを入れば完了です。

パスワードはメモしたり、管理アプリなどを使って忘れないように管理しておきましょう。

step3:シードフレーズを設定する

最後はシーフレーズを設定していきます。

注意点:表示された単語は大切に保管して他人に知られることのないようにしてください。スクショなどもハッキングによって流出するリスクがありますから、メモ帳などにメモして大切に保管してください。

先ほどメモっておいたシードフレーズを入力します。

上記のような画面が表示されればメタマスクのウォレット登録は完了です!

メタマスクへの入金方法

次にメタマスクへの入金方法をまとめていきます。

ここで必要となるのは、以下の二つです

  • 国内仮想通貨取引所の口座
  • メタマスクウォレット

メタマスクウォレットは先ほど作ったのでOKですね。
国内仮想通貨取引所のおすすめは初心者におすすめ!仮想通貨取引所比較ランキング9社でまとめていますから参考にどうぞ。

今回はコインチェックからの入金で解説していきます。

まずはコインチェックにログインします。

※コインチェックの口座が未登録の方は登録から通貨購入までの流れを【画像付き】コインチェックの登録方法【口座開設・入金・仮想通貨の取引までを徹底解説】】でまとめているのでそちらから口座開設と送金用通貨の購入を済ませておきましょう!

上記の画面のように「暗号資産の送金」の画面から送金する通貨にEthreumを選択します。

先ほどの画面の続きからメタマスクウォレットを宛先として追加していきます。
「宛先を追加編集」をクリック。

「新規追加」をクリック

「メタマスクを開く➡アドレスをコピー」の手順で送金先のアドレスをコピーしてください。

その後、

  • 新規ラベルにメタマスクと入力
  • 宛先に先ほどコピーしたメタマスクアドレスをペースト
  • SMS認証

という順序で進めてください。

注意点:メタマスクアドレスが1文字でも間違えていると送金ができないので注意してください!

後は送金額を決めて送金するだけです。
コインチェックではEthreumの送金に手数料が0.005ETH(日本円で約1600円)ほどかかりますからまとめて送金しておきましょう。

これで送金は完了されて、メタマスクにETHが入金されます。
尚、メタマスクに入金が反映されるまでは少し時間がかかる場合がありますから気長に待ちましょう。

メタマスクから出金する方法

最後にメタマスクからの出金方法です。

今回は「メタマスク➡Binance」への出金を例に挙げて紹介していきます。
ほかの取引所をお使いの方はBinanceのところを置き換えて読み進めていただければ問題ありません。

海外取引所の口座をまだお持ちでない方はバイナンスの口座に登録を済ませておきましょう。登録方法は以下の記事でまとめています。

こちらもCHECK

【超楽勝】バイナンスの登録方法【画像付きで本人確認と二段階認証まで解説】

続きを見る

手順は以下の3ステップです。

  • step1:Binanceで入金用のアドレスを確認
  • step2:メタマスクで送金の設定
  • step3:Binanceで入金されているのを確認する。

step1:Binanceで入金用のアドレスを確認

まずは「Binance」にログインして、入金用のアドレスを確認していきます。
「ウォレットからフィアットと現物」をクリック。

次に「入金」をクリックします。

注意点:慣れないうちはETHがBTCのどちらかを選んでおきましょう。手数料がもっと安い通貨もありますが、ETHとBTCは簡単なのでほかの通貨に比べてリスクが格段に減りますからね。(今回はETHで解説していきます。)

入金したい通貨が選択されている事を確認してください。
画像の場合「ETH」ですがBTCを入金したい場合は「BTC」を選びましょう。

その後現れたアドレスをコピーしていきます。
このアドレスに送金をすれば、Banance口座に通貨が届くという感じです。

step2:メタマスクでの送金設定

メタマスクを開いて、上記左の画面のように送金したい通貨が入っているネットワークを選択して送金をクリックします。

すると右のような画面が出てくるので、

①:step1で得たBananceのアドレスをコピペ
②:送金する通貨を選ぶ
③:送金する金額を指定

上記のような設定をしたら、「次へ」をクリックして確認をクリックすれば送金完了です。

step3:Bananceで入金されているのを確認

入金欄を確認して送金額があればOKです。
もし表示されない場合は、数分間待てば現れます。

以上でメタマスクからの出金は完了です。

まとめ

今回はメタマスクの登録方法から使い方までを解説してきました。

メタマスクのこの記事を読んで皆さんがスムーズにメタマスクの登録して使いこなすことができていれば幸いです。

メタマスクは仮想通貨上の財布の役割を果たしてくれるものです。
今回口座開設が出来たら次はDeFiにチャレンジしてみるのをお勧めします。

【初心者向け】DeFiの始め方と稼ぎ方を徹底解説【パンケーキスワップ】

続きを見る

-Defi, 仮想通貨